本デアル
5abca03a122a7d1048000897 5abca03a122a7d1048000897 5abca03a122a7d1048000897

本デアル

残り1点

¥850 税込

送料についてはこちら

・毎日新聞社  夏目房之介  2009/5/30 発行  254p  12.5×19.5cm 「遅読の王」を自任する作者が 56 冊の本について語る。  出だしは、祖父・夏目漱石。自分の問題だと思っていたことがその作品の中にある。それほどの普遍性を持った作品群だった、と語る。  堅苦しい話だけではない。マンガ評論も得意とする氏は、「動物のお医者さん」「ベルサイユのばら」も俎上に載せる。  装丁は祖父江慎。文字や配列が独特だが(三枚目の写真)、これは「時代錯誤なほど『活字が偉い』という雰囲気」を狙った結果である。 ・対象となった作品(一部) 人工楽園(シュテファン・コッペルカム) アジア達人旅行(下川裕治) 神の代理人(塩野七生) 兄貴(真樹日佐夫) あと千回の晩飯(山田風太郎) 酒仙(南條竹則) どこかに●いってしまった●ものたち(クラフト・エヴィング商会) モモコさんと僕(林静一) 日々是好日(森下典子) 今夜も落語で眠りたい(中野翠) 夢の国のリトル・ニモ(ウィンザー・マッケイ) 遥かな町へ(谷口ジロー) 沈黙の艦隊(かわぐちかいじ) ベルサイユのばら(池田理代子) マンガ産業論(中野晴行) 萌えるアメリカ(堀淵清治) 戦争はいかに「マンガ」を変えるか(小田切博) 言語にとって美とはなにか(吉本隆明) 敗北の構造(吉本隆明) 著作権の考え方(岡本薫) 怪帝ナポレオンⅢ世(鹿島茂) よみがえれ、哲学(竹田青嗣/西研) ことばと文化(鈴木孝夫) 現代社会の理論(見田宗介) 戦後日本のジャズ文化(マイク。モラスキー) 「かわいい」論(四方田犬彦) 一日一書(石川九楊) うらなり(小林信彦) 身体から革命を起こす(甲野善紀/田中聡) ラッキーウーマン(竹中ナミ) 人は成熟するにつれて若くなる(ヘルマン・ヘッセ) 漱石俳句集(夏目漱石)  本書は、「バーゲンブック」です。 「バーゲンブック」とは、出版社が定価拘束を外し、自由な値段で売れるようにした本です。古書とは違い、誰かが購入した中古品ではありません。