世界地名の旅
5ad999b4ef843f2235001907 5ad999b4ef843f2235001907 5ad999b4ef843f2235001907

世界地名の旅

残り1点

¥1,000 税込

送料についてはこちら

・大月書店  蟻川明男  2003/12/5 第一刷発行  222p  15×22cm 「砂漠地方では『~スタン』という地名をよく聞く」「ドイツには『~ブルク』という街が多くはないか」…そんなことを考えたことがある人はいないだろうか。  世界の地名は、それぞれの言語のルールに従ってつけられている。筆者が前書きで、「札幌」を「Pavillion of banknotes(紙幣の仮設展示館)」と直訳している時点の例を挙げているが、そのようなことのないように、丁寧に研究を進めた労作。 目次: 大陸の漢字地名 インド亜大陸 東南アジア イランとその周辺 肥沃な三日月 ギリシャ語地名の広がり ヨーロッパの地名 ドイツの地名 スペインの地名 スラブの地名 アフリカの海岸線 アメリカ大陸の地名 オセアニアの地名  なお、「~ブルク」は本来「丘」で、丘の上の城から、錠剤化された居所、都市を指すようになった。  英語では「スカボロー」などの「~ボロ」という形に、フランス語では「ストラスブール」の「~ブール」となる。  本書は、「バーゲンブック」です。 「バーゲンブック」とは、出版社が定価拘束を外し、自由な値段で売れるようにした本です。古書とは違い、誰かが購入した中古品ではありません。