生きる場所を、もう一度選ぶ
5b42f7ac50bbc37a480022bf 5b42f7ac50bbc37a480022bf

生きる場所を、もう一度選ぶ

残り1点

¥1,650 税込

送料についてはこちら

・インプレス  小林奈穂子  2017/2/1 初版発行  192p  四六判  仕事について考える、ミシマ社とインプレスの合同レーベル「しごとのわ」シリーズの一冊。  都市部から田舎に移住した 23 人に話を聞いている。「まえがき」によれば、多くの人が「行き当たりばったり」と表現するという。開いている扉に向かうのではなく、行動することで扉が開くのではないか、と筆者は考える。 目次: 土地と人に、惚れました  ひのきの森を見て、泣いてしまった  近所にこのお店がある人生がいい  仲間になりたくてなりたくて  何足のわらじかわからないくらい  一緒に死んでもいいと思える人たちが住んでいる場所  自分を救ってくれた奄美の役に立ちたい やりたいことが、ある  馬たちへの恩返し  目標は、「畑ガイド」という職業を確立させること  生産と消費の現場を両方持つ面白さ  生産者の思いを説明できる料理人でありたい  暮らしを通して、ふつうに感じたことを伝えたい  ひとりで二ヘクタール開墾した 住めば都、でした  そこに暮らして、やってみないとわからないことがある  縁あって来た椿の島で  いつも計画性がない。千葉に住むのも想定外  自分の拠点は、誰だってもっと自由に選んでいい  大好きな郡上八幡に、誰かのきっかけとなる場所を ここだから、やれる  デザインと食べ物の物々交換  ハート形の小さな島に恋をした  こんな素敵な田舎で子育てできたら……  誰かがこの橋の姿を記録すべきだと思った  十和田から、世界に向けてアートを発信したい  こんなに幸せなのに、どうして僕らはお金がないんだ  この本は新刊です。