ほんまに vol.15
5bfa1ffe27b44e654d000442 5bfa1ffe27b44e654d000442 5bfa1ffe27b44e654d000442

ほんまに vol.15

残り2点

¥500 税込

送料についてはこちら

・くとうてん  2013/12/24 発行(2014/3/25 第二刷)  72p  B5 版  神戸発、主に本の話題を扱うリトルプレス。vol.15 の特集は「新刊書店と本の話[街の本屋]海文堂書店閉店に思う」。 目次: 特集●新刊書店と本の話[街の本屋]海文堂書店閉店に思う 巻頭言 「わかりやすい原因」は、ない。 石井伸介 海文堂書店の8月7日と8月17日 キッチンミノル 本屋さんとぼく 島田潤一郎(夏葉社) 海文堂と幸せな高校生 空犬太郎 神戸と仙台 土方正志(荒蝦夷) 海のおじさまへ 佐藤純子 東京からのこのこ出かけていって海文堂さんで買った本 石井伸介 「海文堂書店絵図」ができるまで 青山大介 海文堂との半世紀 中島俊郎 サヨナラ海文堂、コンニチワ赤ちゃん 林哲夫 焚書 鈴木創士 『ぐ』の9月20日 グレゴリ青山 まぼろしの花とサンバ 髙田郁 99年の思念が溜まる場所 碧野圭 アンダーグラウンドから海原へ 中島さなえ 読書というゴラク 中島美代子 海文堂がおしえてくれた 花本武(ブックスルーエ)/フリーペーパー 海文堂の伝言[縮刷版] 海文堂、私と本 杉浦昭典 海文堂での思い出の一枚とブックカバー 川口正 電車店長へべれけ対談 福岡宏泰×黒田裕子 サイン色紙集 震災と海文堂書店 小林良宣 海文堂へ 島田誠 閉店の現場で 熊木泰子 [海]閉店狂騒曲 平野義昌 心 千鳥足純生 虚しい日々 内海知香子 いちばんここに似合う本 市岡陽子 2年目の告白 黒田裕子 育ててくれた海文堂に感謝 坂本敏章 本屋の灯が消えないうちに 地道裕勝 夏の出来事 頓花恵 宝石の海 小野原教子 など  このリトルプレスは新刊です。