もしアドラーが上司だったら
5c88a14b785b8e156db56538 5c88a14b785b8e156db56538 5c88a14b785b8e156db56538

もしアドラーが上司だったら

残り1点

¥600 税込

送料についてはこちら

・小倉広  プレジデント社  2017/3/19 第一冊  272p  四六判  仕事がうまくいかずモヤモヤしていたボク。アメリカの大学院でアドラー心理学を修めたドラさんが上司になった。  こんなという坂を上るときに必要な心のガソリン。それをアドラー心理学では「勇気」と呼ぶ。 目次: ドラさん、皇居に現れる 自分を追い込んでも、やる気が続かないんです 失敗から目をそらすなんて、できません カラ元気を出すのに疲れちゃいました…… やらなくちゃならない仕事が山積み 成績の悪い僕は劣っている。負けている 自分を追い込んで、やっとできるようになったんです 自分を勇気づける、次のステップとはなんだろう? 誰かを喜ばせようとしても、無視されたりバカにされるんです 自分の意見だけでなく、存在までも否定された…… 目の前の人のため、が共同体感覚なんですか? あなたを信じていたのに…… 課長なのに、頑張らなくてもいいの? ドラさん、チャレンジを続ける  この本は古書です。