昭和の店に惹かれる理由
5cf8939d0376c66643dfa53e 5cf8939d0376c66643dfa53e

昭和の店に惹かれる理由

残り1点

¥2,052 税込

送料についてはこちら

・井川直子  ミシマ社  2017/5/21 初版第二刷(2017/2/1 初版第一刷)  280p  四六判、ソフトカバー 「まえがき」に、モツ鍋屋のエピソードがある。その店は、専門の業者が処理したモツを使わず、自分の店でモツを洗う。丁寧に。きちんと。  現在の我々は「除菌」は熱心にやるが、「丁寧に」「きちんと」の思想を持っているだろうか。 「あとがき」で、昭和にはいいことはなかった、という声が紹介されるが、その時代に、大切なものを手放さなかった店の本である。  筆者は秋田出身だが、最後に紹介される BAR ル・ヴェールも秋田市川反の店である。 目次: とんかつ とんきの「型」 シンスケの「距離」 鶴八の「窓口」 尾張家の「ならぬ」 鳥福の「狭」 天ぷら はやしの「不器用」 スヰートポーヅの「逆行」 田楽屋の「主張」 カフェ・ド・ランブルの「異端」 BAR ル・ヴェールの「非合理」  この本は新刊です。