パンデミック下の書店と教室
60011661b00aa3350d4556e0 60011661b00aa3350d4556e0

パンデミック下の書店と教室

残り1点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

・小笠原博毅、福島聡  新泉社  2020/11/28 第一版第一刷  224p  四六判、ソフトカバー  社会学教授と書店店長との往復書簡集。  進行中である危機の終わりを予測することに対しては、冷静な思考の「遠近感」が必要。 目次: はじめに  考える場所のために 書店論 「決して心地よいものでない共生」を生きる  どんな本でも「不要不急」のものとは思えない  いまもなお本はライフラインだった 教室論  パンデミックと教室  民主主義と公園 パンとサーカスと弁証法 「パンとサーカス」という舞台を構成しないものたち  書店の日常と弁証法 「どうせやるなら派」から「コロナ転向派」へ、そして暴かれる五輪「ムラ」 言葉のパンデミックに抗うために  言葉のパンデミックとは何か 「本屋はわたしの学校だった」 書店と教室、人文知の現場から見えてきたこと おわりに 〈未来の自分〉と読書 ブックガイド  本書で取り上げた本やテクスト&パンデミックについてさらに考えるための五冊 初出一覧  この本は新刊です。